• ホーム
  • 家族の為にマイホームの防犯性能は万全に!

家族の為にマイホームの防犯性能は万全に!

マイホーム宅を求める場合は大切なことが数多くありますが、中でも命に係わる防犯性能は重要です。防犯ではペットを飼ったりすることも効果的ですが、カメラの設置やドア廻りの整備がとても大切となります。ドア廻りではオートロックやインターフォンは標準的に設置することが望まれ、サッシも含めて二重のカギを設けることも常識となっています。セキュリティー上は現金などの金銭を家に置かないことも必要となり、防犯の情報を普段から得ておくことが大切です。

マイホームの防犯では外観が重要な役割を果たします。空き巣被害は死角となる部分がある住宅で遭いやすく、外から見える部分が多い住宅では遭い難い傾向があります。住宅の周囲には高い塀を設けず、開放的で死角のない生垣などを設けることが必要です。死角となる部分が生じた場合は監視カメラの設置により、不審者から守ることができます。住宅のセキュリティーは隠すのではなく、外へアピールすることも大切です。空き巣被害は防御の弱い住宅に集中する傾向があり、防御が厳重そうな住宅は避けられます。

オートロックは常に施錠してある状態に保つことから、鍵のかけ忘れによる空き巣被害を避けることができます。オートロックをスマートキーと連動させることで、鍵の遠隔操作も可能となり、子供などの利用がしやすくなります。防犯カメラは多いほうが良く、外から見える位置に設置してアピールすることも必要です。外に飼い置かれたペットは防犯上の役に立ち、強い味方となってくれます。不審者を確かめる意味でもインターフォンにテレビカメラの設置は必要で、撃退が簡単にできます。

マイホームの防犯はこちらの防御を大きく見せる工夫も必要です。クルマを駐車させておくことで在宅であることを示し、男性用の洗濯物を干すことで強い男子の存在を知らしめることは、不審者の侵入を防ぐことに役立ちます。サッシのカギを二重にすることは簡単にできる対策なのです。一つ目のカギが破られた場合でも、二つ目のカギが不審者を諦めさせることが知られています。

防犯は一戸のマイホームだけでは成し遂げられず、地域全体で取り組む必要があります。地域全体として犯罪の抑止に積極的に取り組むことで、その地域全体が犯罪から守られるのです。地域全体がその姿勢を怠った場合は、その地域が防犯を招きやすい構造となってしまいます。そうならないためには、地域の犯罪抑止活動に積極的に取り組む姿勢が求められます。