• ホーム
  • 安易に駅近物件が最高の立地条件とはならない理由

安易に駅近物件が最高の立地条件とはならない理由

マイホームでは建物と共に敷地を選ぶことも大切です。敷地の選び方は建物以上に難しいことが良くあるので、成功のためのポイントを押さえる必要があります。敷地選びでは利便性を第一に考え、駅近の物件に人気がありますが、一戸建ての場合は注意が必要です。駅近の物件は人や電車の騒音がうるさく、付近の治安がわるいことがあります。一時的に住む賃貸なら気にならないことでも、長く住むマイホームでは見逃せない欠点となります。

マイホームを土地を中心に選ぶことは適切で、安全性や環境を重視した視点が望まれます。持ち家は賃貸と異なり、土地の安全性を重視することが大切です。安全な土地とは災害に遭い難いことを意味し、洪水や地震の被害に遭い難いことが求められます。洪水に遭うかどうかは自治体が発行しているハザードマップにより知ることができます。各地で起きた洪水被害は事前にハザードマップで危険が指摘されていることがほとんどで、信頼性は高いと言えます。

地震で強い土地は洪水被害が起きにくい土地でもあります。ハザードマップにより洪水被害が予測される地域を除外することで、地震に強い地域を知ることができます。造成地の場合は盛土と切土を区別し、どうせなら切土を選ぶことが大切です。盛土は地震の揺れを増幅させやすく、被害も大きくなりがちです。自治体ではがけ崩れの危険がある地域を把握しているので、担当課に確認することも必要となります。敷地が周囲と高低差がある場合は、崩れる危険や維持費がかさむことも念頭に置かなければなりません。

日本では昔から人が安全に暮らせる場所が決まっていました。旧市街地と言われる地域は一般に安全で、災害にも強い傾向にあります。それに対して新たに造成された土地は災害への安全性が証明されておらす、選択には十分な注意が必要です。危険な土地かどうかは自治体において把握していることが多く、担当課から情報を得ることも効果的です。

軟弱地盤を改良した土地は災害に強いとは言えません。軟弱地盤は地震の揺れを増幅しやすく、底に建つ建物は被害に遭いやすいのです。どうしても安全な土地が見つからない場合は、マンションや賃貸など、他の選択肢も考える必要があります。少子高齢化の社会では郊外から中心部へ人が移動します。選んだ土地が将来過疎地とならないように、選択には慎重な配慮が必要です。土地選びは自分だけで考えずに、不動産会社などの専門家に依頼することも有効となります。