• ホーム
  • 大手ハウスメーカー「大和ハウス」の気になる評判!

大手ハウスメーカー「大和ハウス」の気になる評判!

鍵を出す様子

大手ハウスメーカーの中でも実績があり、評判の良い会社に大和ハウスがあります。大和ハウスは発電と給湯を同時にできるエネファームなどのシステムを住宅に使っている他、太陽光パネルの採用や優れた耐震性といった強みを持っています。大和ハウスは構造や間取りにバリエーションが多く、顧客のどんな要望にも応えてくれる魅力があります。どこに依頼するかを迷っている方は、大和ハウスも選択肢の一つに考えてよいでしょう。

ハウスメーカーのほとんどは得意な工法を持っていますが、大和ハウスは木造と鉄骨造のどちらも得意としているのが大きな特徴です。特に2階建てが主流の軽量鉄骨造と3階建て以上の重量鉄骨造のバリエーションがあり、選択の幅が人がります。都市の中で所有できる敷地が狭い場合は、重量鉄骨造により3階建て以上の建物を建てることも選択肢となります。しかし、多くのハウスメーカーは3階建て以上の建物が得意ではありません。その中にあって大和ハウスは構造計算により安全を確信した重量鉄骨造が可能なので、大きな助けとなります。

大和ハウスの木造住宅は耐震性が優れています。エネルギー吸収型の木造制震耐力壁は独自に開発されたもので、地震のエネルギーをダンパーにより熱に変換して力を逃します。そのことにより繰り返しの地震にも本体を壊すことなく耐えることができます。ハウスメーカーは会社により独自の工法を採用していますが、汎用性が少ないのも事実です。その中にあって大和ハウスの工法は木造軸組み工法の中に位置づけられ、将来の増改築に対応できます。

ハウスメーカーはそれぞれに独自の工法を持っていて、その特徴を見極めるのは大変なことです。そのような場合は木造と鉄骨造の特徴を知り、ハウスメーカーを選ぶ場合の着目点とする方法がありあります。さらに、木造は在来の軸組み工法と外来の2×4工法に分かれます。軸組み工法は伝統的な柱と梁により構造部分をつくり、2×4工法は木材と合板でつくったパネルで家をつくります。軸組み工法は伝統を継承した大工が施工する安心感が得られ、2×4工法は初期の高い耐震性と経済性に優れています。

大和ハウスなどのハウスメーカーは元々、軽量鉄骨プレハブ工法が得意でした。軽量鉄骨プレハブ工法は構造部分を工場で大量生産できるので、比較的安い価格で高品質の住宅を建てることができるのです。さらに、省エネ性能に優れた住宅はエネルギー消費を抑えることで高いコストパフォーマンスが得られます。