• ホーム
  • 住宅ローンの金利タイプは何を選ぶのがお得?

住宅ローンの金利タイプは何を選ぶのがお得?

きれいなリビングルーム

住まいを求める場合、住宅ローンを組むのが一般的ですが、金利タイプを何にするかで返済額が変わってきます。住宅ローンを組む場合は借入時に金利タイプを選択し、適切なプランをつくることが大切です。住宅ローンの金利は大きく分けて変動と固定のタイプがあり、返済期間も異なってきます。住宅ローンを扱う金融機関では固定と変動を組み合わせた独自のタイプを用意して、顧客の獲得を競っています。

住宅ローンとして根強い人気があるものにフラット35があります。フラット35は住宅金融支援機構が扱う長期固定金利の商品です。一般の金融機関でも申し込めますが、住宅金融支援機構が一任されている商品となっています。全期間の長期固定金利は借入の時点で将来の返済額が確定するので、利用者にとっては将来設計のしやすい商品と言えます。フラット35を利用するには定められた設計と施工の審査に合格しなければならず、一定の安心感が得られます。火災保険などに自動的に加入させられるので、万が一の場合でも安心です。

一般の金融機関が扱う住宅のローンは固定と変動の金利が組み合わされているものがあります。初めは固定金利で返済額が安く設定されています。しかし、一定の期間が過ぎると金利が変動する場合があり、将来の返済額も未確定です。このケースでは初めのうちの返済額が低いのは魅力ですが、将来の返済負担が大きくなるかもしれない心配が残ります。将来の返済が未確定なことは生活設計にも影響を与えるので、慎重な選択が求められます。

マイホームを求めるには住宅ローンを使うのが一般的ですが、適切な生活設計を行っていないと後悔することになりかねません。結婚をきっかけにマイホームを求めた場合は、将来生活で必要となる資金を計画しておく必要があります。子供が学校に入ることで生じる教育費や大学等へ入るための資金は予測することが可能なので、返済で無理が生じないようにする必要があります。

フラット35を提供する住宅金融支援機構の前身は戦後の持ち家政策を担ってきた住宅金融公庫です。高度経済成長期は長期のインフレで、住宅ローンの返済負担が用意でした。そのため多くの勤労者が住宅金融公庫から借り入れをし、住宅を建てました。しかし現在はデフレ基調の経済となっていて、住宅ローンの返済負担は当時より厳しくなっています。さらに雇用の不安定化が基調となる時世においては、住宅ローンの利用はより計画的に行う必要があります。