• ホーム
  • 中古物件を購入するとかえって高くつく?

中古物件を購入するとかえって高くつく?

住宅を求める場合、新築にするか中古にするかの選択があります。価格の高い新築と比較して、中古物件は価格が安いメリットがあると考えられますが、かえって高くつくなどのデメリットもあるのです。中古物件は仲介手数料が発生し、古い設備や仕上げを修繕するためにコストもバカになりません。中古物件を選ぶ場合は値段の安さに惑わされることなく、真実を見る目が必要となります。

新築は間取りが自由になる点が大きなメリットとして挙げられます。生活を間取りに合わせるのではなく、生活に合わせた間取りとすることは、新築の大きなメリットのはずです。中古物件は既存の間取りがあり、簡単に変更はできません。間取りの変更は建築確認申請が必要となることが多く、他の部分の法的適合性が問題となることもあります。中古物件の変更は概ね仕上げのリフォームにとどまるのが普通です。

中古物件は地域を選ぶことができるメリットがあります。すでに人の住む地域は人間関係も落ちすいているので、自分に合う街かどうかを見極めることができます。新築は新しい造成地に建てることも多く、その場合は周囲の環境が未確定です。どんな街になるかは、住人の街への積極的な介入が重要となります。中古物件では地盤が安定しているかどうかや洪水に遭いやすいかどうかを簡単に判断できます。過去の事例を参考にすることで、安全性を正確に予想することができます。

新築は最新の法規により建てられるので、耐震性や断熱性に優れた住宅を得られるメリットがありますが、中古物件はそのことが担保されていません。古い建物は現在の耐震基準を満たしていないことも多く、それでも法律違反にはなりません。古い耐震基準の住宅は違反建築とはならず、既存不適格として存続することが可能です。改修の時点で現行法の耐震基準と合わせることが要求されることもあり、新しい所有者の負担となるケースも見られます。

新築か中古物件を選ぶかの選択は単に表面的な価格の違いだけでなく、維持するためのコストの違いから判断する必要があります。住宅は屋根と外壁が経年劣化しやすく、その補修は長持ちのために必要です。屋根の材質は新築でも中古でも重要で、なるべくメンテナンスが必要となる頻度が長いものを選ぶことが得策となります。求めた時点の価格が安くても、メンテナンス費用が高額になるのでは問題です。新築においても中古においても、住宅はメンテナンスの負担が小さくないことを認識することが大切となります。