きれいな部屋
きれいなベッドルーム

マイホームはいつでも買ってよいものではなく、適切なタイミングがあります。結婚をきっかけとしたり、出産に合わせたりしながら、適切な購入時期を見つけることが大切です。購入のための頭金とするための貯蓄が一定額となったのをきっかけに購入を決める方もいます。マイホームを買うタイミングでは、住宅ローンを組んだ場合の返済期間を考慮することも大切です。住宅ローンは現役で仕事をしている間に返済を終わらせたいものです。

マイホームを買うタイミングでは、結婚をきっかけとする方が多い傾向です。それまでは賃貸のアパートに住んでいたとしても、新しい家族を持つためにはマイホームが必要となるでしょう。出産で子供ができることが分かった時点も一つのきっかけとなりますが、大変な面もあります。妊婦となると疲れを避ける必要があり、出産と子育ては大変な負担なので、時期をずらすのも方法の一つでしょう。マイホームを建てた人のブログを参考にすることで、世間がマイホームを買うタイミングがわかるのでおすすめです。

マイホームは若い時期に取得を逃すと、年々取得が困難となりますが、定年での退職金を当てにする方法も考えられます。退職金を住宅に使うことで老後の資金を減らすことになりますが、住宅ローンを使わないメリットがあります。住宅ローンの負担は大きく、それを使わないことは精神面を安定させます。退職金を当てにしなくても、定年までに必要な貯蓄をしておけば、住宅の取得は楽になるでしょう。

マイホームを購入するタイミングの選択は住宅ローンの影響が大きくなります。住宅ローンは借りた金額と金利分を一定の期間で返済しなければなりませんが、返済にはかなりの期間を要します。住宅ローンに長い期間を要することから、マイホームの取得は30歳代が最も多くなる傾向にあります。しかし、終身雇用が崩れつつある状況下では、住宅ローンを使ってのマイホームの取得が今後もできるとは限りません。

マイホームの取得は多額の費用が必要となることから、将来が見えない時代にあっては、手持ち資金を用意できた時点が最も良いタイミングと言えましょう。住宅を取得するかどうかやその時期は人によって異なるものです。タイミングも人それぞれで、バラツキが出るのは自然なことで、今後はその傾向が強まるでしょう。その中で最も適切な時期を選ぶ技術が、生活設計の上からも必要となるのです。住宅は持ち家の他、賃貸や中古のリフォームまであり、選択が可能です。選択肢の中から自分に適したマイホームを選ぶことが求められます。